ポスト中国で注目されだしたバングラデシュ。
現地コーディネーターが詳しくご案内。小ロット対応も可能。

第15回バングラデシュ
国際トレードフェア &
バングラデシュ市場視察

視察旅行

【概 要】

ポスト中国としていろいろな国の名が上がる中、インドの隣国『バングラデシュ』が注目されだしました。バングラデシュの首都ダッカにはアメリカ系のホテルが建ち並び、近代的な都市へと変貌しつつあります。バングラデシュの一般労働者の人件費は驚く程安く、1ヶ月2000円〜3000円程度。ギフト、インテリア、雑貨、アパレル等の分野は発展が早く、価格、品質など魅力的な商品が続々と生産されております。バングラデシュはさらに特恵関税国に指定されており、バングラデシュ製品を輸入する場合の関税が無税になるのが魅力です。アパレルメーカーではユニクロがそして大手スーパーの西友がバングラデシュで格安製品を作り話題になりました。イタリアの革製品はブランド品も含めその革の素材がバングラデシュ製である事はあまり知られておりません。デザインセンスもヨーロッパのバイヤーに教育され、センスの良い製品を作りだしております。いろいろな分野で欧米などはいち早く中国やインドから人件費の安いバングラデシュへとシフトを変えつつあります。ポスト中国の最有力国が数年後にはバングラデシュになっていると確信いたしております。成熟する前のバングラデシュへいち早く時代の先取りとしてご検討戴ければ幸いです。滞在期間中、第15回バングラデシュ国際トレードフェアが開催され同時視察いたします。この企画では、現地に精通したコーディネーターが同行し、日本語にて詳しくご案内いたします。皆様のご参加をお待ちいたしております。

仕入先・訪問先商品概要
Tシャツ、縫製品、布製品、アパレル全般、バッグ、ジャンパー、靴、ベルト、サンダル、革製品全般、スポーツシューズ麻製品、綿製品、刺繍、シルク製品、真ちゅう製品、バスケット、セラミックス、テラコッタ・ロートアイアンなどのガーデニング用品、ガラス製品、ファッションアクセサリー、貝製品、クリスマスデコレーション、家具、木製品、銅製品、水草製品、竹製品、手すき紙製品、その他多数


【参考日程】※参考日程は参加する旅行者のご要望で変更は可能です。

■出発可能日 2010年 1月17日(日)〜 1月21日(木)  3泊5日
■概算旅行代金 148,000円(朝食3回、昼食3回、夕食3回)(成田・中部・関西・福岡空港発着料金)
■宿泊予定 ダッカリージェンシーホテル クラス
(2人1室使用)(1人部屋追加料金:3泊
30,000円
■別途費用 燃油サーチャージ、各空港諸税
■手配可能人員 15

 
月日
都市名
時間
日     程
食事
1月17日
(日)
日本発
ダッカ着

 

午前

 

出国手続き後、経由便にて一路ダッカへ
入国手続き後、ホテルへ

ダッカ泊

 
1月18日
(月)
ダッカ滞在
終日
第15回バングラデシュ国際トレードフェア視察

ダッカ泊

朝食
昼食
夕食
1月19日
(火)
ダッカ滞在
終日
ダッカ市内・郊外の生産拠点へご案内。
近代的な工業団地から家内工業まで、現地コーディネーターが同行し、いろいろな製品の生産現場へ視察します。

ダッカ泊

朝食
昼食
夕食
1月20日
(水)
 ダッカ発

 

終日
 
  

 

バングラデシュのギフト市場視察へご案内。
大量生産からハンドメイド製品などの生産現場を視察。日本語にて、買い付け、契約のお手伝いを行います。オリジナル商品作りのご相談も可能です。

出国手続き後、経由便にて一路日本へ

機中 泊

朝食
昼食
夕食
1月21日
(木)
日本着
午後
各空港にて入国手続き後、解散
 


【お申込み方法】

お申込みはこちらから
お問い合わせ・パンフレット請求は、下記のE-mail/TEL/FAXまでお願い致します。
E-mail :bct@fa.mbn.or.jp
TEL :
03-3847-7787 / FAX :03-3847-9156


株式会社ビジネス旅行開発
東京都知事登録旅行業第3−3643号
BCT海外産業見本市部 担当:金子・南・小坂
TEL:03-3847-7787 / FAX:03-3847-9156
〒111−0034 東京都台東区雷門2-6-2 ぎふとビル